こどもって実は…つぶやき

子供ってすごい!日米欧の育児をみて思うこと書いてみました。

アドベントカレンダーを買った!

★12月1日からクリスマスまで毎日の楽しみ

f:id:batabatamaman:20201129032124j:plain f:id:batabatamaman:20201129032411j:plainロクシタン‼

 

自分用に、ちょっと特別な楽しみとしてアドベントカレンダーは、今年はコロナで楽しみも少ないので、大奮発して69CHF(7900円)ロクシタン版を購入。

毎日1個、ロクシタンのミニハンドクリームなど嬉しい何かが、扉の向こうで待っている。

とても、12月が待ち遠しい。

 

★アドベントカレンダーとは

クリスマスまでの日数を数えるために使われるもので、12月1日から24日まで表示された扉などがある。通常、24個の扉を毎日1つずつ開け、クリスマスまでのカウントダウンをする。

その扉の中には、毎日小さな楽しみがまっている!

宗教的な文言や絵のものが描かれたものから、チョコレートなど子供が喜ぶもの、嗜好に合わせた様々なバラエティーのものがある。

 

★我が家でのアドベントカレンダー

英国在住時に、イタリア人の友人が、何と大人の私にまでアドベントカレンダーのチョコレート版をプレゼントしてくれた。

それからは、私も自分用にもクリスマスまでのささやかな楽しみとして、購入しているアドベントカレンダー。

最近は日本でも、簡単に手に入る。

 

ある年には、毎日違うジョーク(英語)の書かれた、アドベントカレンダー:ジョーク版を子供にプレゼントしたこともある。

ジョークの好きな6歳頃だった。

 

クリエイティブな年頃は、かなり大きなレゴ版をあげた。

毎日一つずつで、合計24個のレゴが手に入り、楽しかったようだ。

ちなみに最後は、サンタクロースのレゴ人形で完結だった。

 

★今年2020年に子供用はやっぱりチョコ版!

f:id:batabatamaman:20201129034427j:plain Kinder版に決定!

 

ジュネーブは、アドベントカレンダーの種類がとても豊富だ。

そこで、子供に2020年のリクエストを聞いたら、

「やっぱり定番のチョコレートが一番」

ということだ。

 

そこで、子供の昔から好きでよく食べて育ったKinderチョコレート。

そのアドベントカレンダー:Kinderチョコ版を購入した。

色々な種類のチョコを毎日1個 f:id:batabatamaman:20201129034444j:plain

 

★男性向けアドベントカレンダー

f:id:batabatamaman:20201129033006j:plainアドベントカレンダー:ビール版

毎日1本ずつ、扉を開けていき、クリスマスまでに24本のビールが飲める!

f:id:batabatamaman:20201129040226j:plainポテトチップス版

そのすぐ近くの売り場には、アドベントカレンダー:チップス版

ちょっとずつ違う種類のミニチップスが、食べれる。

ビールのお供にいい!

 

f:id:batabatamaman:20201129040435j:plainアドベントカレンダー:ラム版

そして、友達のイチオシで、探していた、小さな楽しみが詰まったラム版をとうとう見つけた!

ちなみにこのラム版は、ウイスキー版、ジン版と並んで、デパートの食料品売り場にあった。

毎日違う種類の小瓶で、クリスマスまでに24種類も飲めるのでスゴイ!

そして、これらお値段は全て169CHF(約19000円)で、こちらもWOW!

 

夫に「ラム版のアドベントカレンダーをプレゼントしようか?」

と聞いたら、

「この値段なら好きなウイスキーを買う」

とあっさりスルーされてしまった。

せっかく見つけて、クリスマスまでの楽しみで盛り上がれるのに、どうも日本人のおじさんはクリスマスなのに、ノリが悪い。

 

来月から、夫は抜きで毎日うちの子供と盛り上がり、クリスマスをカウントダウンするのが、楽しみだ。